×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚直後の死亡保険の見直しの必要保障額

結婚直後の死亡保険の見直しの必要保障額

 

結婚をしたら、死亡保険の見直しをすると、何千万円もする保障額の死亡保険などに加入するように勧められる人もいるようです。このような高額な保障の保険には、私の考えでは、結婚直後の場合には、多くの人には必要ないように感じます。結婚直後に、既に、子供が居る家庭であれば、子供の生活費、教育費などを考えると何千万円もの保障額の保険が必要かもしれません。

 

しかし、例えば、20代などで結婚して、まだ子供が居ない家庭の場合には、現在では、夫婦共に働いている家庭が多いのではないかと思います。このような場合には、夫婦がお互いにもしもの事があり、死亡した場合には、結婚前の生活に戻れば良いので、それほど心配する必要はないと思います。

 

 

この為、結婚直後の死亡保険の見直しでの必要保障額は、300万円〜500万円程度の葬式費用があれば十分ではないでしょうか。もしも、葬式費用を安く上げる場合には、申し越し死亡保険の必要保障額である保険金は下げることが出来ると思います。

 

また、もしも、妻が専業主婦になるような場合は、夫が死亡した以後の妻の生活費が必要になります。まだまだ、子供も居なく、若い場合には、妻も働けば良いとは思いますが、もしも、働くのが嫌な場合には、現在の生活費を計算し、何年分を保険金で準備するのかを計算すれば、必要となる保障額が計算できます。

 

人によっては、妻の生活費として、2,000万円〜3,000万円程度で良いのではないかと言った意見を出している人もいます。

 

 

 

 


メニュー